スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MT4とトレシグとトレステとJ-Forexを比較してみた

2011-05-02

ご無沙汰しております。
個人的事情で最近は少し忙しいです。

さて、私はFXトレーディングシステム開発のプラットフォームとして、MetaTrader4、TradeSignal、Tradestation、J-Forexを使った経験があります。

Excelもデータ分析に使いますがシストレ開発ってほどは使ってません(^-^;;)

今回はこれらの比較をしてみたいと思います。
内容はもちろん無保証です。




MT4トレシグトレステJ-Forex
言語MQL4エキーラEasyLangJave
プログラムのシンプルさBSSB
起動の早さB※1CCB
バックテスト早さBAS※2
過去データの正確性※3ブローカー依存A?A?※2
情報量SAC(英語
はあり)
B
UIの操作性※3BBAC
利用コスト
/月
S
無料
B
2980円
C
249.95$
S
無料


※1 取り込んでいるヒストリカルデータの量による
※2 扱ったことがありません。
※3 あくまで推測であり個人的意見です。

トレードステーションは、英語版のサブスクリプション版で、トレードシグナルはひまわり証券提供のものです。

バックテストの速さとかは、時間足やマシンスペックに大いに依存しますのでその辺りや、ABCの記号、他にもいろいろありますが各自で感じ取ってくださいw



個人的にはトレステ最強!といいたいところですが高すぎます(^-^;;)
ちなみにトレシグとトレステはUI(ユーザインターフェース)が意外に結構違います。
トレシグはタブ管理なのですが、私には少しやりにくい。
MT4は何と言っても無料で情報量が最強です。


項目を思いつけばまた追記します☆

上記が間違っていても何の責任も持ちませんのであらかじめご了承ください。


それではみなさま、また。

テーマ : FXでシステムトレード
ジャンル : 株式・投資・マネー

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。