スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日中足にハマル

2011-03-11

今日は日中足で大いにはまる。

イントラデイのトレードは日足にはない難しさがあり、主に以下の4点だと考えています。

1.サマータイムの考慮
2.スプレッドの存在が相対的に大きくなる
3.日足よりもパラメータ数が増える
4.バックテストが遅い

今日は1のサマータイムにはまってしまった。
偶然、サマータイム無視してやっているとそっちのほうが成績もよく曲線もキレイだったりしたのでテンパリまくってました。理由は不明なんですが。



2は言わずもがな。
これさえなければもっとイントラデイをメインにしていくのですが。。。

3は例えば東京、ロンドン、NYのどこで戦うかも厳密にはパラメーターになります。
ただ、この手のパラメーターはなるべく意味を持たせることができればそんなに気にすることはないと個人的には思っています。

4.リソースの問題だが、日足のときよりも計算時間を短くする工夫が求められる。


イントラデイ資産曲線

今日ハマッタシステム。サマータイム無視したほうが成績が良い。
トレード数は少ないが狙ったとおりの結果が出るのは久々でした。

テーマ : FXでシステムトレード
ジャンル : 株式・投資・マネー

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。