スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレンドフォローを真剣にやってみる

2010-10-10

先月は、ポンドシステムは不調でしたが、それを補ってくれた(足りなかったけどorz)のが
日足トレンドフォローシステムでした。

あー、もっとたくさんのトレンドフォローシステムを開発しておけば。。。


もう一度、トレンドフォローシステムの基本を考えてみたいと思います。

1ドンチャンブレイクアウト
2Moving Average Cross Over
3Triple Moving Averages
4バンドブレイクアウト

いろいろありますが、1と2は100%順張りエントリーできます。
4もかなり高い確率で順張りエントリーできます。
3は結構エントリーしないときもありますね。
(あくまで個人の感想です。エントリーやExitポイントは自分で決めるものなので・・)


トレンドフォローの原型としてはこれぐらいしかないと思うんだけど、
他にもあるでしょうか。


共通課題としては、
・いかにダマシに乗らないか
・日足だとバックテストサンプルが少なくなりがち
・数年に一度「トレンドフォローは死んだ」といわれる(笑)
・世界情勢によっては永遠にトレンドフォローが死ぬこともあるかもしれない(怖)


なんか当たり前のことかいてますね(^-^;;

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。